23年3月7日~23年4月4日の吉方位解説

年月盤吉方位解説

23年3月7日~23年4月4日までの各吉方位の解説です。

吉方位とは

吉方位とは、ご自身の九星と相性の良い九星が回っている方位になります。人によって違いますので、吉方位検索システムを使ってお調べください。また、解説文でも簡単にご案内しております。

凶方位とは

凶方位となるのは五黄土星が回っている方位(五黄殺)と、その正反対の方位(暗剣殺)と、干支の正反対の方位(歳破)となります。

こちらに加え、ご自身の生まれの九星が回っている方位(本命殺)と、その正反対の方位(本命的殺)、月ごとの干支の正反対の方位(月破)、日ごとの干支の正反対の方位(日破)が凶方位になります。

また、「定位対冲ていいたいちゅう」という凶方位があります。定位とは五黄土星が中宮にある時の九星の位置の事です。例えば、一白水星は北、九紫火星は南が定位になります。そして定位対冲とは、定位の星が正反対の位置に入る場合の事です。

定位対中は南北、東西、西北と東南といろいろな場合がありますが、注意を要するのは南北の場合のみです。つまり、「北に九紫火星が入る場合」と「南に一白水星が入る場合」です。

2023年の年盤には北に九星火星が入っているので、北が定位対冲の凶方位となります。

方位のスペシャルケース

大歳について

大歳は「方位の影響を3倍にする」特別なケースです。年盤のみにあり、1年間通して同じ方位にあります。吉方位であっても凶方位であっても、方位の影響を3倍にするため、吉方位になっている人は是非お取りください。2023年は「東」が大歳の方位になります。

逆に、凶方位になっている方は、お取りにならないようにしてください。悪い影響が3倍になってしまいます。

天道について

天道は「吉方位なら大吉方位に、普通方位なら吉方位に、凶方位なら普通方位・・・とまではいかないが、悪い影響を減らす」という特別なケースです。月盤に存在し、月ごとに変わります。今月の天道は「南西」になります。

グレーゾーンについて

吉方位でも、隣の方位に近く、吉方位の影響が顕著に出にくい範囲を「グレーゾーン」と言います。システムでは灰色で表示しています。地図をクリック・タップしていただければ、ポップアップが表示され、クリックした場所が吉なのか凶なのか、わかるようになっております。

2023年の年盤の凶方位

2023年の年盤では「西北」に五黄土星があります。また、卯年なので「西」が歳破となります。そして「北」に九紫火星が入っているため、定位対冲の凶方位となります。

そのため、今年一年間誰にとっても凶方位となる方位は

  • 北 ー 定位対冲
  • 西北 ー 五黄殺
  • 南東 ー 暗剣殺
  • 西 ー 歳破

となります。

残りの四方位の中で、お生まれの星によって本命殺や本命的殺が加わります。また月々の方位が加わる事によって、凶方位が増えたり、吉方位の影響が倍増したりします。

2023年3月の月盤について

一年を通しての凶方位は上記のとおりです。そして、23年3月の月盤は「七赤金星」で「西南・天道」「西・月破」となります。

そのため、月盤において、誰にとっても凶方位となる方位は

  • 東 ー 月盤:五黄殺
  • 西 ー 月盤:暗剣殺+月破

の二方位になります。

年盤と合わせますと、

  • 北 ー 年盤:定位対冲
  • 東 ー 月盤:五黄殺
  • 南東 ー 年盤:暗剣殺
  • 西 ー 年盤:歳破 月盤:暗剣殺+月破
  • 西北 ー 年盤:五黄殺

の五方位が誰にとっても共通の凶方位となります。

2023年3月の吉方位

今月吉方位になりえる方位は、残りの

  • 北東
  • 南西

の三方位となります。しかし、ご自身の九星によっては、この方位も凶方位となる場合があります。詳しくはシステムでご確認ください。赤・黄色が吉方位、無色が普通方位、青色が凶方位となります。

象意について

各方位、各九星には、それぞれ特徴があります。「北=一白水星」なら「水」がキーワードになって、「水で汚れを清めるから『癒し』」「生命維持には水分は絶対必要。だから命を『養う』もの」。と言うように、色々な意味が含まれています。これらの意味を「象意」と呼びます。象意は沢山ありますので、一つ一つ解説するのは別の機会に回させて頂きます。解説文の中で「象意」と出てきたら、このような意味だとお考え下さい。

それでは、各方位の解説を行います。

北東:年盤(七赤金星)が吉の方へ 年盤:北東 吉方位解説

2023年3月の北東が年盤月盤共に吉となる人は「六白金星」の方のみとなります。それ以外の星の方は、今月の北東は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

「東北+七赤金星」は「潤い」の吉方位

東北の象意は「山・高くなる・復活する」で、八白土星と同じです。こちらに「悦ぶ・結婚・集まる」などの意味がある七赤金星が加わると「潤い」の方位となります。

日々の生活に潤いが出てきます。この潤いとはどういう事かについてご説明いたします。

毎日の生活全てに魅力を感じる事が出来るようになります。朝早く起きたら、鳥の鳴き声や光を爽やかに感じる事が出来、雨の日ならば雨音に癒しを感じ、花が咲いている事に気づいて癒されたり・・・と、普段だったら見逃していたような出来事が目について、かつ感動できるようになるでしょう。

自然に限らず、人においても同様です。八白土星の「変化」は、変化だけだと辛かったりもするのですが、七赤金星の「悦び」の効果のおかげて、「いろんな変化が楽しくなって、ご自身がそれに対応して変化するのも楽しくなる」という結果になります。

人の情けとか、優しさについて、今までは拗ねてしまって「どうせ自分なんか」とか「裏があるんじゃないか」とか、素直に受け取れなかったのがなくなり、素直に「ありがとう」と思えるようになります。

その結果、日々の刺激すべてが楽しくなります。これを総称すれば「人生に潤い」という事になります。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

東北+七赤金星は「潤い」の吉方位!東北+七赤金星の効果と注意点

北東:月盤(一白水星)が吉の方へ 月盤:北東 吉方位解説

2023年3月の北東が年盤月盤共に吉となる人は「六白金星」の方のみとなります。それ以外の星の方は、今月の北東は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

北東+一白水星は「激しい流れを乗り切る」の吉方位!

北東の象意は「山・高くなる・復活する」で、八白土星と同じです。こちらに「癒し・水・養う」などの意味がある一白水星が加わると、「激しい流れを乗り切る」環境や力がついてくるでしょう。

北東=八白土星の「山」に「水」が加わります。高い山の上から水が流れると、流れが激しくなります。激しくなった流れでも、山は動かず、受け止め、流れを変え、最後は穏やかな流れに変えて平地に流します。

このように、激しい水の流れを山で制し、変える事が出来るようになるのがこの方位の組み合わせです。

なので、全体的に精神が落ち着き、冷静に物事に対処する事が出来るようになります。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

「北東+一白水星」は「激しい流れを乗り切る」吉方位!北東+六白金星の効果と注意点

南:年盤(八白土星)が吉の方へ 年盤:南 吉方位解説

2023年3月の南が年盤月盤共に吉となる人は、「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」の方です。それ以外の星の方は、今月の南は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

「南+八白土星」は「名実共に得る」の方位

南の象意は「火・光・光明」で、九紫火星と同じです。こちらに「山・高くなる・復活する」という象意をもつ八白土星が加わると、「名実共に得る」方位となります。

九紫火星は「才能が表に出て来る」「目立つ存在になる」という「陽」の象意があります。そして八白土星も陽の気を持っています。陰の気は平べったいとか低いという意味で、陽の気は高いとか尖るという意味を持ちます。なので、八白土星は土の気でも、高くて尖っている「山」を意味するのです。

沢山の土や岩が積み重なって、初めて山が出来上がります。この積み重ねが「努力」や「金運」となります。

そんな積み重ねた成果・能力に、九紫火星の「光」が当たると、周囲から認められる。注目を浴びる事が出来ます。なので「名実共に得る」の方位となります。

人生に悩んでいる人や、自信がない人。問題をどう解決したらいいのか迷っている人などにお勧めです。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南+八白土星の吉方位は「名実共に得る」吉方位!

南:月盤(二黒土星)が吉の方へ 月盤:南 吉方位解説

2023年3月の南が年盤月盤共に吉となる人は、「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」の方です。それ以外の星の方は、今月の南は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

「南+二黒土星」は「心に火がともる」吉方位

南の象意は「火・光・光明」で、九紫火星と同じです。こちらに「大地・母・勤勉」という象意をもつ二黒土星が加わると、「心に火がともる」方位となります。

九紫火星は「才能が表に出て来る」「目立つ存在になる」という「陽」の象意があります。陽の光を浴びて、二黒土星の「大地」が熱を持ち、大地の中に眠っていた種が発芽し、成長し、命が芽生え始めます。

大地に埋まっている種が「才能」ならば成長の時ですし、「目立たない存在が陽の当たる場所を得る」という事も言えますので、今までの苦労がついに実るという事にもなります。

又は、大地を耕すという事も楽しくなります。二黒土星によって「勤勉な行為」が出来るようになるのですが、その行動が「合理的」で「生産性」が高くなるアイディアが「九紫火星」の象意で出て来るようになる事もあります。ですので、仕事・学業運では、才能開花、努力が報われる、勉強の効率があがるという結果になります。そこから金運も良くなってくるでしょう。

このように、日々の行動全てに成長するエネルギーが得られますので、日々が明るく生きられるようになるので「心に火がともる」事になります。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南+二黒土星は「心に火がともる」吉方位!南+二黒土星の効果と注意点

西南:年盤(一白水星)が吉の方へ 年盤:西南 吉方位解説

2023年3月の西南が年盤月盤共に吉となる人は、「三碧木星」の方です。それ以外の星の方は、今月の南は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

「南西+一白水星」は「仲良し」の吉方位

南西の象意は「大地・母・勤勉」で、二黒土星と同じです。こちらに「癒し・水・養う」などの意味がある一白水星が加わると、「仲良し」の方位となります。

命の種を持っている土に癒しの水が加わる事で、豊かな土壌となり、数多くの命が芽を出し、成長します。土と水は平等に、仲良く全部の種に栄養を与えてくれるので、「仲良し」の方位となります。

まず、周囲の環境がどんどん良くなるでしょう。理解者に出会えてサポートしてもらえるようになるとか、友達が出来て穏やかな生活になっていくとか、家族仲が良くなって、ストレスがなくなっていくなどです。

ご自身については、これまで土の中で眠っていた才能や努力の成果が水を得て、成長する環境になります。精神面だけでなく物質面も同様で、独立とか事業を拡大するなどの重要な決断をするときに、助けてくれる仲間が増える事でしょう。良い人材に恵まれるという方位です。

注意点としては、自分以上の才能の人が仲間になった時、その人と自分を比較して、嫉妬してしまったり、やっかんでしまうと吉方位のエネルギーが無駄になってしまいます。

嫉妬するぐらいすごくても、その人は貴方がいないと能力を発揮できる場に恵まれない人と言えます。西遊記の孫悟空は、人間の三蔵法師よりも強いし、色々できるのですが、三蔵法師がいないと力の使い方を誤ってしまうのです。貴方が三蔵法師となって、孫悟空や猪八戒、沙悟浄たちみんなと仲良くなるようにコミュニケーションをすれば、更に方位のエネルギーは増していくでしょう。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南西+一白水星は「仲良し」の吉方位! 南西+一白水星の吉方位効果と注意点

南西:月盤(四緑木星)が吉の方へ 月盤:西南 吉方位解説 天道入り

2023年3月の南西が年盤月盤共に吉となる人は、「三碧木星」の方です。それ以外の星の方は、今月の南は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示されます。年盤のみ吉の方は、3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

「南西+四緑木星」は「目からうろこ」吉方位

南西の象意は「大地・母・勤勉」で、二黒土星と同じ象意です。こちらに「整う・信用・長い」という象意をもつ四緑木星が加わると、「目からうろこ」の方位となります。

四緑木星は「風」の象意です。風によって皆さんが色々なところに運ばれ、土地ごとにどんな特徴があるのかを知る事が出来ます。運ばれている間は上から俯瞰で地上を見て、地上に降りたら空に向かって成長します。

このことから、運ばれている間は「俯瞰的」に、地上に降りたら空に向かって成長しようと「仰ぎ見る」ので、どちらの場合も今まででとは違う見方が出来るようになることを示します。その結果思い込みとかがなくなり、「目からうろこ」という方位になるのです。

目からうろこが落ちれば、仕事なら成長できるし、人間関係なら理解力がますし、学業なら目標が決まって努力の方向性が定まるし、金運ならやり方が分かるというように、良い事が起こりだします。

何より良いのは結婚・恋愛・家庭運で、目からうろこが落ちた状態でお付き合いを始めれば、相手の望むことが分かるようになりますし、また自分の気持ちを相手に伝えやすくなります。その結果出会いが良くなり、付き合いは深くなり、家庭は円満となるでしょう。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南西+四緑木星は「目からうろこ」の吉方位! 南西+四緑木星の吉方位効果と注意点解説

方位の効果を受けるのにお勧めアプリ!

吉方位による効果を最大限に受けるためには、正しい吉方位を把握することが非常に大切です。吉方位を詳しく知りたい方におすすめなのが吉方位検索システムです。日々変化する吉方位を一目でチェックできるため、ぜひ活用していきましょう!

吉方位検索システムはこちら

新規会員登録はこちら

(文 松平兼幸)

この記事の監修者

西谷 泰人
手相家、方位学者、作曲家、ライフコンサルタント

略歴
ニューヨーク在住時、ABCラジオ「ニシタニショー」で毎週土曜夜、ゲストの著名人の手相や方位の鑑定を行い、好評を博す。現在、鑑定は東京・高円寺で行っている。著作の手相書は25か国以上で翻訳刊行されている。 これまでの鑑定総数は、国内外の著名人を含め8万人を超える。
自らアメリカに渡米し方位学の影響を確かめるほか、多くの著名人の行動、そして8万人の鑑定を通じ、40年以上方位学研究を行っている。
西谷泰人公式サイト

主な著書
「的中手相術」(創文)
「世界一の開運法! 吉方旅行と引っ越し」(創文)
「365日吉方位で開運! 日帰りおでかけ&吉方旅行」(日本文芸社)

YouTubeチャンネル
開運手相チャンネル全動画 西谷泰人 ニシタニショー

タイトルとURLをコピーしました