年月盤方位解説

2022年11月8日~2022年12月6日の年月盤方位解説

今回は、2022年11月8日~2022年12月6日までの各吉方位の解説です。 今年の年盤中宮は「五黄土星」で寅年です。そのため「東北・大歳」「西南・歳破」です。 凶方位となるのは、五黄土星が回っている方位と、その正反対の方位と...
お知らせ

吉方位検索システム、アップデートのお知らせ

皆様、いつも吉方位早楽地図上検索システムをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、以前よりお伝えしておりました、システムのアップデートが完了いたしました! 吉方位早楽地図上検索システムはこちら 変更点...
年月盤吉方位解説

東北+九紫火星の吉方位に行った場合の方位解説

「東北+九紫火星」は「目標が見える・定まる」の方位 まず、仕事・学業運が特にアップします。成果が出る、復活するという象意の東北に九紫火星があるので、「山の中に埋もれているもの」(八白土星)に「光が当たる」(九紫火星)または「光を当て...
体験・エッセイ

【九星気学】吉方位と凶方位とは?星ごとのおすすめスポットをご紹介

九星気学をもとにした吉方位や凶方位について詳しくご紹介します。吉方位と凶方位とは一体どのようなものか、そしてそれぞれの方位で期待できる開運効果について解説するので、良い変化を起こしたい方や開運方法を模索している方はぜひ参考にしてください。
体験・エッセイ

吉方位を徹底解説!方位取りの方法や注意点

占いやスピリチュアルな世界に興味のある方の中には「吉方位」という言葉を耳にしたことがある方も多いはずです。旅行やお出かけの際に吉方位を意識してみると、より素敵で有意義な時間が過ごせるかもしれません。 そこで、この記事では吉方位とは何...
年月盤吉方位解説

西+四緑木星の吉方位に行った場合の方位解説

「西+四緑木星」は「誠心誠意」の方位 西そのものの象意は「七赤金星」と同じで、「悦ぶ・結婚・集まる」という象意があります。こちらに「整う・信用・長い」という四緑木星が加わると、「誠心誠意」の方位となります。 西の「悦び」とは「...
南+九星吉方位解説

南+六白金星の吉方位に行った場合の方位解説

「南+六白金星」は「殻を破る」方位 南の象意は「火・光・光明」で、九紫火星と同じです。こちらに「試練・充実・高級」などの意味がある六白金星が加わると、「殻を破る」方位となるでしょう。 南の象意の火のエネルギーを得られますが、そ...
年月盤吉方位解説

西北+三碧木星の吉方位に行った場合の方位解説

「西北+三碧木星」は「新境地を開く」の方位 北西そのものの象意は「六白金星」と同じで、「試練・充実・高級」などの意味があります。こちらに「情報・決断・新規」という象意をもつ三碧木星が加わると、「新境地を開く」の方位となります。 ...
年月盤吉方位解説

東+九紫火星の吉方位に行った場合の方位解説

「東+九紫火星」は「熱血」の方位 東そのものの象意は三碧木星と同じで、「情報・決断・新規」などの意味があります。こちらに「火・光・光明」という象意をもつ九紫火星が加わると、「熱血」の方位となります。 東には雷という象意がありま...
年月盤吉方位解説

東+七赤金星の吉方位に行った場合の方位解説

「東+七赤金星」は「新しさを認める」方位 東の象意は「情報・決断・新規」で、三碧木星と同じです。こちらに「悦ぶ・結婚・集まる」などの意味がある七赤金星が加わると、「新しさを認める」方位となります。 東の象意である「新しい」もの...
年月盤吉方位解説

東+三碧木星の吉方位に行った場合の方位解説

「東+三碧木星」は「勇気凛々」の方位 東そのものの象意は三碧木星と同じで、「情報・決断・新規」などの意味があります。東には雷という象意があります。「光を発し、天と地をつなぎ、轟音を響かせる」のが雷です。昔から「閃いた!」とか「天啓を...
タイトルとURLをコピーしました