西+二黒土星の吉方位に行った場合の方位解説

年月盤吉方位解説

「西+二黒土星」は「順調」の方位

二黒土星は「大地・母・勤勉」という象意を持ち、「薄利多売」の金運の星。農作物のように、一つ一つは宝石と比べれば安いけれど、沢山ある事で大金を生む金運です。

しかし、農作物は「市場」に持って行かないと、沢山売れません。そして「市場」こそ西=七赤金星の象意ですので、運気の流れがしっかり出来上がっています。

そのため、西+二黒土星の組み合わせは「順調」の方位となります。

これまでの努力の成果(二黒土星)が遂に実り表に出る(西)ようになります。九紫火星や六白金星のような、派手に成果を出せるようになるのではなく、気がつけばいつもより成績は上がっているし、頭の回転も早くなっている。勉強していても覚えやすいし頭に入ってくる。恋愛などの人間関係においても、何か特別な意識をしなくても相手の事を思えるようになり、やってほしいと思っていること、嬉しいと思える事ができるようになり、夫婦円満家庭円満となっていくという形で成果が表に出てくるでしょう。

それでは、各運気について詳しく説明いたします。

「西+二黒土星」の恋愛・結婚運

一番上がるのは恋愛・結婚運です。西=七赤金星は、賑やかで楽しい相手と出会えるという象意です。それに加え、家庭運を上げる二黒土星もありますから、結婚して家庭を築くというのにぴったりの組み合わせです。結婚に結びつくような出会いがどんどん生まれてくるでしょう。

出会う人は比較的年上で、落ち着いた生活を望んでいる人との出会いがあるでしょう。

実際に年上でなくても、考え方が

「給料の4分の1は必ず貯金する」「節約の為にポイントを貯めておく」「NISAをおこなって、将来の事を考えている」

などの、お金関係に堅実な思考をされている人に縁が出来ます。

ただ、堅実すぎるので、金銭感覚が異なる可能性はあるかもしれません。その場合は相手に合わせる方が吉です。今の100万より、3年後の200万に照準を合わせて下さい。

既にパートナーがいたり、結婚されていたり、同棲されている方には、家庭運アップの二黒土星の方が強く出るでしょう。お子様が生まれる可能性もありますし、コミュニケーションも更に深くなります。

「西+二黒土星」の家庭運

将来の事について考え、実際に行動し、成果を生み出すことが出来るようになります。

家庭関係で重要な事は、家族間の信頼関係ももちろんですが、金銭面も大事な話です。ご主人が毎日飲み歩いてしまう。奥様が衝動買いをしてしまう。子供がゲームに課金し過ぎている。貯金が全然たまらない・・・という状態が改善され、具体的に成果を出すための行動が出来るようになります。

将来、このペースでお金を使って行ったら、どれだけ貯金が残るのか。収入はいつまでこのまま続くのかなど、現状把握ができ、そのうえでどうしたらよいかを考えられるようになるでしょう。

そして、あなたが行動を起こすと、家族もそれに反応してくれるのがこの方位です。

尚、貯金や資産形成については、本田静六さんの書籍をお勧めいたします。

「本業を頑張り、主収入を増やす」

「収入の4分の1を貯金に回し、残りの4分の3で生活する」

「貯金が出来て、ある程度資金が出来たら投資=副業を行う。20%利益が出たら売却。利益分を貯金。元金は再度投資」

と、具体的な内容がたくさん書かれています。是非ご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B015QV46SO?ref=dbs_p2d_B_R_pBookUpsell_borrow_PBookUpsell_

「西+二黒土星」の仕事・学業運

仕事のコツをつかんで、どうやったら良い成果を上げられるか分かるようになります。この作業・仕事は、こういう時に必要になるから、今のうちにやっておこう・・・と先に処理しておくこともできますし、なにかトラブルが起きたとしても、どこをどうしたら良いかという智恵が働くので、トラブルがトラブルにならなくなります。

コツをつかんでいる人ならば、もっと仕事の成果を上げて、収入をアップさせるような、新しいコツをつかめるようになるでしょう。今までの知識の延長線上にある智恵で、今まで育てたとこがない、新しい農作物(=新しい収入の柱)を育てて販売するという事で、仕事運が上がり、金運も良くなります。農作物を収穫し(二黒)販売する場所まで持ってきて売る(七赤)ので、大きな収入になります。

また、農業関係の仕事をされている人ならば、この組み合わせは最高です。新しい畑を開墾するとか、利益率の高い作物を育ててみるとか、販売ルートを増やすことが出来るなどの形で、仕事がますます良くなるでしょう。

学業運では、人生の困難に対して立ち向かっていく勇気が湧いてきます。勇気と聞くと、東+三碧木星の勇気凛々の方位を思い浮かべるかもしれません。

東+三碧木星は「新しい環境に踏み出す勇気」で、西+二黒土星の勇気とは「困難に対して立ち向かっていく事が出来る勇気」です。

なので「昇進の為に資格試験が必要だから、ゲームを我慢して勉強しよう」のように、誘惑に耐え、困難に立ちむかう事が出来るようになります。

学生ならば、受験勉強のような、避けられない試練に立ち向かう勇気を得られるでしょう。

「西+二黒土星」の精神・健康運

心地よい秋風が吹く草原に、暖かい日差しが照っている場所で寝転んでいるような気持ちになれるでしょう

心を煩わせることが無くなって、日々を落ち着いて、盛り上がりながら過ごすことが出来ます。

これは、見たくないものを見ないで元気になっているのではなく、問題点をしっかり見定めていて、なおかつ、どう対応したらよいかが分かっていて、実行をしているから、落ち着いて過ごすことが出来るという精神状態です。

なので、困難とか試練がある人がこの組み合わせに行くと

「かかってこい、相手になってやる!」

と、困難に立ち向かう勇気が湧いてくるでしょう。

健康面では呼吸器系や胃腸が回復してくれます。

こちらの記事では東+二黒土星について解説しています。東+二黒土星は将来の大きな事に悩むことがなくなり、目の前の出来事に集中する事が出来るようになります。あわせてご覧ください。
東+二黒土星は「一陽来復」の吉方位! 東+二黒土星の吉方位効果と注意点

「西+二黒土星」の金運・財運・不動産運

金運が非常に高まります。特に事業・商売をされている方にとっては、堅実にお金が入ってくるようになる吉方位です。サラリーマンの方は仕事が順調に進むという形で金運が上がるでしょう。

他に副業をされていらっしゃるならば、そちらで金運が上がります。なので今まで副業をされていない場合は、この方位に行くと副業を始めるようになるでしょう。副業によって収入の柱が出来上がり、金運・財運がアップします。副業が不動産投資などならば、不動産運もアップします。

なぜならば、初めに解説したように「収穫したものを確実に売って利益を得る」や「利益が出る作物を確実に作る」事が出来る組み合わせだからです。これが出来れば金運が上がらないわけがありません。

「西+二黒土星」の注意点

キーワードは「実るほど頭が下がる稲穂かな」です。

順調に物事が進んでいる時ほど、気づかないでいる落とし穴があったりします。そして、前や上しか見ていないと、落とし穴にはまった時のダメージがひどくなります。

この落とし穴は初めからあるのではなく、順調に進んでいる結果、傲慢になって人の気持ちをないがしろにしたり、軽んじたりしたときに生まれます。順調に進めているから、自分の行いの全てが正しく思えてしまい、異なる意見を持っている人、もしくは実際に意見してきた人を見下すような事をしてはいけません。そういう気持ちから落とし穴が出てきます。

上手く行っている時ほど、頭を下げて、感謝の気持ちを周りに伝えてください。そうすれば大丈夫です。

方位の効果を受けるのにお勧めアプリ!

吉方位による効果を最大限に受けるためには、正しい吉方位を把握することが非常に大切です。吉方位を詳しく知りたい方におすすめなのが吉方位検索システムです。日々変化する吉方位を一目でチェックできるため、ぜひ活用していきましょう!

(松平兼幸)

タイトルとURLをコピーしました