2024年2月5日~2024年3月4日の吉方位解説

北+九星吉方位解説

吉方位とは

吉方位とは、ご自身の九星と相性の良い九星が回っている方位になります。人によって違いますので、吉方位検索システムを使ってお調べください。また、解説文でも簡単にご案内しております。

凶方位とは

凶方位となるのは五黄土星が回っている方位(五黄殺)と、その正反対の方位(暗剣殺)と、干支の正反対の方位(歳破)となります。

こちらに加え、ご自身の生まれの九星が回っている方位(本命殺)と、その正反対の方位(本命的殺)、月ごとの干支の正反対の方位(月破)、日ごとの干支の正反対の方位(日破)が凶方位になります。

また、「定位対冲ていいたいちゅう」という凶方位があります。定位とは五黄土星が中宮にある時の九星の位置の事です。例えば、一白水星は北、九紫火星は南が定位になります。そして定位対冲とは、定位の星が正反対の位置に入る場合の事です。

定位対中は南北、東西、西北と東南といろいろな場合がありますが、注意を要するのは南北の場合のみです。つまり、「北に九紫火星が入る場合」「南に一白水星が入る場合」です。

2024年は年盤に定位対冲はありませんが、3月、10月、12月の月盤が定位対冲となります。

方位のスペシャルケース

大歳について

大歳は「方位の影響を3倍にする」特別なケースです。年盤のみにあり、1年間通して同じ方位にあります。吉方位であっても凶方位であっても、方位の影響を3倍にするため、吉方位になっている人は是非お取りください。2024年は「東南」が大歳の方位になります。

逆に、凶方位になっている方は取らないようにしてください。悪い影響が3倍になってしまいます。

天道について

天道は「吉方位なら大吉方位に、普通方位なら吉方位に、凶方位なら普通方位・・・とまではいかないが、悪い影響を減らす」という特別なケースです。月盤に存在し、月ごとに変わります。今月の天道は「南」になります。

グレーゾーンについて

吉方位でも、隣の方位に近く、吉方位の影響が顕著に出にくい範囲を「グレーゾーン」と言います。システムでは灰色で表示しています。地図をクリック・タップしていただければ、ポップアップが表示され、クリックした場所が吉なのか凶なのか、わかるようになっております。

同会について

「同会」とは、年盤と月盤の九星の並びが「同じ」になる場合です。これを「年盤と月盤の九星が会っている」という事で、「同会」と言います。年盤と月盤以外にも、月盤と日盤の場合も同会と言います。しかし、吉方旅行と引っ越しでは年盤と月盤の同会が重要です。

同会の場合は、方位効果が倍増します。なので、吉方位ならば効果は2倍に、凶方位でも悪い効果が2倍になってしまいます。

2024年は4月と25年1月が同会月となります。

2024年の年盤の凶方位

2024年の年盤では「西」に五黄土星があります。また、辰年なので「西北」が歳破となります。

そのため、今年一年間誰にとっても凶方位となる方位は

  • 東 ー 暗剣殺
  • 西 ー 五黄殺
  • 西北 ー 歳破

となります。

残りの五方位の中で、お生まれの星によって本命殺や本命的殺が加わります。また月々の方位が加わる事によって、凶方位が増えたり、吉方位の影響が倍増したりします。

2024年2月の月盤について

24年2月の月盤は「五黄中宮」「南・天道」「西南・月破」となります。

年盤と合わせますと、2024年2月は

  • 東 ー 暗剣殺:年盤
  • 西 ー 五黄殺:年盤
  • 西南 ー 月破:月盤
  • 西北 ー 歳破:年盤

の四方位が誰にとっても共通の凶方位となります。

2024年2月の吉方位

上記四方位が凶方位になるため、2024年2月に吉方位になりえる方位は、残りの

  • 東北
  • 東南

の四方位となります。しかし、ご自身の九星によっては、この方位も凶方位となる場合があります。詳しくは吉方位検索システムでご確認ください。赤・黄色が吉方位、無色が普通方位、青色が凶方位となります。

象意について

各方位、各九星には、それぞれ特徴があります。

「北=一白水星」なら「水」がキーワードになって、

「水で汚れを清めるから『癒し』」

「生命維持には水分は絶対必要。だから命を『養う』もの」

と言うように、色々な意味が含まれています。これらの意味を「象意」と呼びます。象意は沢山ありますので、一つ一つ解説するのは別の機会に回させて頂きます。解説文の中で「象意」と出てきたら、このような意味だとお考え下さい。

それでは、各方位の解説を行います。

北:年盤(八白土星)が吉の方へ 吉方位解説

2024年2月の北が年盤月盤共に吉となる人は「六白金星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「北+八白土星」は「自己実現」の方位

北の象意は「癒し・水・養う」で、一白水星と同じです。こちらに「山・高くなる・復活する」などの意味がある八白土星が加わると、「自己実現」の方位となります。

「塵も積もれば山となる」とあるように、山は沢山の土からできています。一つ一つは小さい土でも、積み重ねる事で高い山となるように、ご自身が成長していくことで、どんどん大きな人となるという意味を持っています。

北の水で「雨降って地固まる」となり、塵が固まり価値を持ちます。水によって迷いが晴れ、努力を積み重ねて成長、成功していく。特に精神的な成長が大きく出るため「自己実現」の方位となります。

八白土星は変革の星でもあります。塵が山となると、今まで価値がなかったものにいきなり価値が生まれます。それが変革・革命という意味を持ちます。

これまでの自分とは心機一転、全く変わった人間になるのが、北+八白土星です。

こちらの記事では北の吉方位について解説しています。あわせてご覧ください。
北の吉方位の特徴や効果、毒だし象意とは?開運行動もご紹介!

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

北+八白土星は「自己実現」の吉方位! 北+八白土星の効果と注意点

北:月盤(七赤金星)が吉の方へ 吉方位解説

2024年2月の北が年盤月盤共に吉となる人は「六白金星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「北+七赤金星」は「欠乏の改善」の方位

北そのものは「癒し・水・養う」で、一白水星と同じです。こちらに「悦ぶ・結婚・集まる」などの意味がある七赤金星が加わると、「欠乏」が改善されるでしょう。

欠乏の改善とは、「何かが足りないから不安定になっている」状態の改善です。心に穴が開いたように、いい話を聞いても満足感を得られないならばその穴がふさがり、心が満たされるでしょう。または器が空っぽで情熱や愛情を持つようなエネルギーがなくなっているならば、北の「癒しの水」が注がれて欠乏が解消されます。

北そのものの象意で体調と精神が整い、物事に立ち向かうエネルギーを得られます。このエネルギーを発揮する場所、機会を七赤金星が提供してくれます。

七赤金星は「悦ぶ・結婚・集まる」という象意を持っています。そのため、多くの人が集まるところに行って、知識や仲間を得て、悩んでいる問題を解決する事が出来るようになるでしょう。

また、恋愛・結婚に非常に良い方位です。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

北+七赤金星は「欠乏の改善」の吉方位!北+七赤金星の効果と注意点

北東:年盤(七赤金星)が吉の方へ 年盤:北東 吉方位解説

2024年2月の北東が年盤月盤共に吉となる人は「五黄土星」「七赤金星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「北東+七赤金星」は「潤い」の吉方位

北東の象意は「山・高くなる・復活する」で、八白土星と同じです。こちらに「悦ぶ・結婚・集まる」などの意味がある七赤金星が加わると「潤い」の方位となります。

日々の生活に潤いが出てきます。この潤いとはどういう事かについてご説明いたします。

毎日の生活全てに魅力を感じる事が出来るようになります。朝早く起きたら、鳥の鳴き声や光を爽やかに感じる事が出来、雨の日ならば雨音に癒しを感じ、花が咲いている事に気づいて癒されたり・・・と、普段だったら見逃していたような出来事が目について、かつ感動できるようになるでしょう。

自然に限らず、人においても同様です。八白土星の「変化」は、変化だけだと辛かったりもするのですが、七赤金星の「悦び」の効果のおかげて、「いろんな変化が楽しくなって、ご自身がそれに対応して変化するのも楽しくなる」という結果になります。

人の情けとか、優しさについて、今までは拗ねてしまって「どうせ自分なんか」とか「裏があるんじゃないか」とか、素直に受け取れなかったのがなくなり、素直に「ありがとう」と思えるようになります。

その結果、日々の刺激すべてが楽しくなります。これを総称すれば「人生に潤い」という事になります。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

北東+七赤金星は「潤い」の吉方位!東北+七赤金星の効果と注意点

北東:月盤(八白土星)が吉の方へ 月盤:北東 吉方位解説

2024年2月の北東が年盤月盤共に吉となる人は「五黄土星」「七赤金星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

北東+八白土星は「不動心」の吉方位! 北東+八白土星の効果と注意点

北東そのものの象意は「山・高くなる・復活する」で、八白土星と同じです。そして八白土星が北東に回れば象意がさらに強まり、「不動心」が得られる方位となります。

人生には静かに止まる、とどまる事が必要な時があります。何かを手に入れようとして動き回るのは良いのですが、動きすぎると「蓄積」が出来ないため、大きな結果を得られません。

だからと言ってとどまっていると、これで本当に良いのか? という不安になります。周りの人はもっと良い環境で、自分より良い思いをしているんじゃないか。私の才能が生かせる場所は他にあるんじゃないか。もっと楽に稼げる方法があるんじゃないか・・・と、様々な誘惑に襲われます。もしかしたら「遊びに行こうよ~」という物理的な誘惑の方が多いかもしれません。

そんな誘惑に耐えて、仕事や勉強を頑張り、責任を果たそうという精神力「不動心」が得られます。

「塵も積もれば山となる」という諺があるように、一つ一つは小さかったりで、何かの役に立たないものだとしても、積み重ねる事で山になります。山になるまで我慢する精神力が「不動心」となります。

また、「多くのものを貯える事が出来る=蓄財」ともなります。塵が積もって山になれば、草木が生え生命をはぐくみ、様々な価値を生み出して来る事から「再開・復活」。価値がなかったと思われていた物が急に価値を生み出す事から「革命」という象意にもなります。

既に山となるほどの貯えがある人ならば、一山のみ高めるのではなく、他の山も高くして、山脈を作るようになるでしょう。勿論、山をさらに高くすることも出来ますし、すそ野を広げるという形での発展もできるでしょう。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

北東+八白土星は「不動心」の吉方位!北東+八白土星の効果と注意点

また、こちらの記事では北東の方角が吉方位である場合の特徴や得られる効果について詳しくご紹介しています。あわせてぜひご覧ください。
北東の吉方位の特徴や効果とは?おすすめ開運行動と毒だし象意も紹介

南東:年盤(二黒土星)が吉の方へ 年盤:南東 吉方位解説 大歳

2024年2月の南東が年盤月盤共に吉となる人は「九紫火星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「南東+二黒土星」は「心身ともに充実する」方位

南東そのものの象意は「四緑木星」と同じで、「風」の象意です。「風のうわさ」「風の便り」と言われるように、「遠くの事を近くに持ってくる」という事から、「整う・信用」が。長い距離を動いてくるから「長い」という事になります。

こちらに「大地・母・勤勉」という象意をもつ二黒土星が加わると

「心身ともに充実する」

方位となります。

風によって種が運ばれ、大地に落ちて成長し、根を張ってすくすくと成長するのが自然の変化です。

この「種」が皆さんの「才能」や「願い」です。これが風によってはこばれて成長できる環境と出会い、すくすく成長していくでしょう。

それが出来れば自信がつき、充実した生活を送る事が出来ます。なので、心身ともに充実する方位となるのです。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南東+二黒土星は「心身ともに充実する」吉方位! 南東+二黒土星の吉方位効果と注意点

同じような成長は「南西+九紫火星」もあります。こちらとの違いは、南西+九紫火星は「急成長」で、南東+二黒土星は「堅実に成長」という違いです。2024年の年盤は「南西+九紫火星」となるので、どちらも吉方位として取れる方は、見比べてみてください。

南西+九紫火星は「成果を実感できる」吉方位! 南西+九紫火星の吉方位効果と注意点

南東:月盤(四緑木星)が吉の方へ 月盤:南東 吉方位解説

2024年2月の南東が年盤月盤共に吉となる人は「九紫火星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「南東+四緑木星」は「気持ちが繋がる」吉方位

南東そのものの象意は「四緑木星」と同じで、「整う・信用・長い」の象意です。「風のうわさ」「風の便り」と言われるように、「遠くの事を近くに持ってくる」という事から、「整う・信用」が。長い距離を動いてくるから「長い」という事になります。

そして、同じ象意の四緑木星が加わると、「気持ちが繋がる」方位となります。

四緑木星は風の象意を持っています。風は遠くを旅する持続力があり、狭いすき間からでも入り込む柔軟性があり、花の種や鳥や噂や季節を運んできます。運ばれた種は、自分に合った土地で根付き、芽吹いて成長します。

このように、「AとBをつなげる」という事が得意となります。Aはご自身で、Bが「他人」「友達」「上司」「取引先」「恋人」「パートナーの両親」・・・と、人だったり会社だったり、様々な対象と貴方の気持ちが繋がる事になります。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

「南東+四緑木星」は「気持ちが繋がる」吉方位! 南東+四緑木星の吉方位効果と注意点

南:年盤(七赤金星)が吉の方へ 年盤:南 吉方位解説

2024年2月の南が年盤月盤共に吉となる人は「二黒土星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「南+七赤金星」は「当意即妙」の吉方位

南と七赤金星の方位は、当意即妙の方位です。

南の象意である「知性」と、七赤金星の「口」「賑やか」「笑い」が合わさると、とにかく話が盛り上がります。

この盛り上がり方は「〇〇はいいよね」と言われて「分かります~」と相槌を返すだけの盛り上がりではなく

「〇〇はいいよね」と言われて「分かります。××はこうでしたものね」と、一言付け足して返事する事ができ、相手が「わかっているねぇ!そうなんだよ××があったから○○は・・・」と、話題を膨らませる事が出来るような盛り上がり方です。

これは人に限らず、仕事でも同じです。例えば、デジタル化を進めたいんだが・・・と考えた場合、すぐに「ならばあれとこれと、それも必要になりますよ」と、必要な事がすぐに思いつき、適切にまとめ上げて提案が出来るというものです。これらをまとめると「当意即妙」という事になります。

企画書を書けるようにもなりますが、方位の力が一番発揮されるのはプレゼンテーションの場で、実際に皆さんが「口」を使って話す場面です。社交的でない人も、自然と話す事が出来るようになってきます。もしくは自分がプレゼンをしなかったとしても、自分の考えを誤解なく相手に伝える事が出来るような言葉遣いや論理を考える事が出来るようになるでしょう。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南+七赤金星は「当意即妙」の吉方位! 南+七赤金星の効果と注意点

南の吉方位には「別れ」という意味もあります。
こちらの記事ではなぜ別れの象徴があるといわれているのか、詳しく解説していますのであわせてご覧ください。
南には別れの意味が含まれている? 九星ごとの組み合わせは?

南:月盤(九紫火星)が吉の方へ 月盤:南 天道入り 吉方位解説

2024年2月の南が年盤月盤共に吉となる人は「二黒土星」の方となります。

それ以外の方は年盤のみ吉、又は月盤のみ吉となります。この場合、システムでは黄色で表示され、「月盤のみ吉」の場合は、「旅行〇 引越△」。「年盤のみ吉」の場合は「旅行△ 引越〇」と表示されます。

年盤の効果を得るためには3泊以上しないと、方位の影響が十分に得られませんので、ご注意ください。

ちなみに、年盤月盤共に吉の場合でも、年盤の効果を得るためには3泊以上しないといけないのは変わりありませんので、ご注意ください。

「南+九紫火星」は「浄化」の方位

南そのものの象意は「九紫火星」と同じで「火・光・光明」などの象意があります。火は暗闇を照らし、熱を持ちます。そして火は、腐っているものを乾かしたり焼いたりして、浄化します。

頭の回転が速くなって、どうすれば「腐っているもの=問題」を、「浄化・除菌できるだろうか=問題解決」という知恵も得られます。火という危険なものを、どう扱ったら『安全』に『効率よく』使えるかが分かるようになります。

その結果、水の「癒し」とは異なる形で、悩みが解決するでしょう。また、光り輝くような存在になるという事で、注目されるようになるでしょう。

また、知恵も身につきます。火という「もともとある物をどう扱ったら『安全』に『効率よく』使えるか」という知恵ですので、研究にも向いています。

どちらかというと実用的、商業面の研究に向いているでしょう。九紫火星はご自身が注目される存在になる、または表舞台に登場するという意味があります。基礎研究でも、その分野の第一人者として注目されるという事はありますが、比較的商業面の方が注目されやすいでしょう。

例えば、「SDGsに貢献できる技術を開発した」とか「画期的なコラボ商品やビジネスを思いついた」などの場合が多いでしょう。勿論、基礎研究にも効果はありますので、ご安心ください。

そのほか、恋愛運など詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

南+九紫火星は「浄化」の吉方位!南+九紫火星の効果と注意点

方位の効果を受けるのにお勧めアプリ!

吉方位による効果を最大限に受けるためには、正しい吉方位を把握することが非常に大切です。吉方位を詳しく知りたい方におすすめなのが吉方位検索システムです。日々変化する吉方位を一目でチェックできるため、ぜひ活用していきましょう!

吉方位検索システムはこちら

新規会員登録はこちら

(文 松平兼幸)

この記事の監修者

西谷 泰人
手相家、方位学者、作曲家、ライフコンサルタント

略歴
ニューヨーク在住時、ABCラジオ「ニシタニショー」で毎週土曜夜、ゲストの著名人の手相や方位の鑑定を行い、好評を博す。現在、鑑定は東京・高円寺で行っている。著作の手相書は25か国以上で翻訳刊行されている。 これまでの鑑定総数は、国内外の著名人を含め8万人を超える。
自らアメリカに渡米し方位学の影響を確かめるほか、多くの著名人の行動、そして8万人の鑑定を通じ、40年以上方位学研究を行っている。
西谷泰人公式サイト

主な著書
「的中手相術」(創文)
「世界一の開運法! 吉方旅行と引っ越し」(創文)
「365日吉方位で開運! 日帰りおでかけ&吉方旅行」(日本文芸社)

YouTubeチャンネル
開運手相チャンネル全動画 西谷泰人 ニシタニショー

タイトルとURLをコピーしました