東+八白土星の吉方位に行った場合の方位解説

心機一転の方位 年月盤吉方位解説

「東+八白土星」は「心機一転」の方位

東の象意は「情報・決断・新規」で、三碧木星と同じです。こちらに「山・高くなる・復活する」などの象意をもつ「八白土星」が加わると、「心機一転」の方位となります。

東の三碧木星は、とにかく元気に動けるようになる象意なのですが、八白土星は「とどまる」象意を持っています。一見すると相反する象意が合わさっているから、方位の影響は受けれれないんじゃないかな? 思われるかもしれませんが、そんな事はありませんのでご安心ください。

いざ動くときの為に元気に動く力(三碧)を貯え(八白)るのが今月の吉方位です。

これまで何もなかった禿山に新芽が生えてくるように、心身が変化してくるでしょう。

「何もなかった禿山」は、仕事ならば「自分以外がやる気のない会社」とか「向上心のない人に囲まれている」などの環境かもしれません。逆にご自身が「人間関係に嫌気がさしてやる気が出ない」「会社の将来性に期待が持てなくて腐っている」などかもしれません。

これらのマイナスの状況を「心機一転」出来るようになるのが、この組み合わせです。

それでは、各運気について詳しくお話しいたします。

「東+八白土星」の恋愛・結婚運

積極的に行動ができるようになります。この行動とは、南の九紫火星や西の七赤金星のような、華やかとか賑やかという事ではなく、自分を持って相手とお付き合いが出来るようになるという意味です。

恋愛そのものに興味がないとか、臆病になっているという人におススメです。相手からのアプローチを待っているだけで、積極的に行動されない方が東+八白土星の方位に行くと、行動をされるようになります。

積極的に行動が出来ている人だった場合は、相手の気持ちを考えて、逆に行動を控えるようになるでしょう。【控える】とは、自分の欲望を満たすような行動はせず、少し自分は我慢して、お相手も喜ぶ、【二人合わせて最高の成果】を生むような行動をとるようになるという意味です。

なので、既にお付き合いをしていたり、結婚されている方の場合は、お相手との縁がさらに深まります。燃え上がるような深まりかたではなく、人生において大事な事を理解しあえるという深まり方です。一緒に料理したり、旅行に行ったり、場合によっては議論したりと、なにか共通の事について、2人で意見を出し合うと理解が深まります。将来設計をするのによいでしょう。

「東+八白土星」の家庭運

将来どうするかを話し合うのに良い機会に恵まれます。

堅苦しい話ではなく、子供たちに「将来の夢は?」と聞いてみてください。

「Youtuber!」とか「楽して稼げる仕事」など、色々な答えが返ってくるでしょう。

これまではそう聞いても「Youtuberなんで稼げるのは一握りだぞ」と考えるようだったのが、東+八白土星に行くと

(まてよ、この子は何故Youtuberになりたいと言っているのだろう・・・? もしかして、人から褒められたがっているとか、注目を集めたいとかなのだろうか。それなら、親の私たちがしっかりこの子を褒めて、注目してあげる事が必要なんじゃないだろうか・・・)

とか

(楽して稼げる・・・なんて甘えているんだ。しかし、なぜ甘えてしまうのか。もしかして、自分では努力しているけど、上手くいかなくて落ち込んでいるんじゃないのか。それでも、自分は人より立派になりたい。または人生を楽しみたい。だから「楽して稼げる」と言っているのではないか。この子の「楽」とは「自分が努力したら、努力した分だけ成果を上げられる仕事」という意味ではないのか・・・)

など、最初のご自身の印象から「心機一転」させて、話を進める事が出来るようになるでしょう。ここでは親子関係で例えましたが、夫婦でも義理の両親でも、兄弟間でも同じです。

「東+八白土星」の仕事・学業運

将来に対して希望が見出せないとか、道が開けるようなビジョンが見えないとかの状態を脱して、明るい未来が見えるようになります。

「うちの会社の問題点はこれだ。そして社会全体の流れはこうなっている。ではこのギャップを埋める事が出来たら、会社は発展するじゃないか!」

というビジョンが見えてくるようになるでしょう。会社と社会のギャップを「私と彼女」「私と上司」「私と仕事のやり方」「彼と彼女」「社会と私」などに変えても同じで、問題解決するための手段を思いつき、思い付きを実行するための状況を整えるように行動する気力が湧いてくるでしょう。

この時、一気に変更しようとするのではなく、少しずつ小さい所から変えていくのが吉です。整いきる前に変えてしまうと、せっかくの行動も空回りしてしまいます。

広く浅く、新しい発展の芽を沢山作り、後は適任者に任せるという事が一番得意になります。

勉強であれば、興味を持ったことをとりあえず初めて見てください。やる気になれずに鬱々としていた人ならば、少し前向きになって、試してみたいことが出てきます。

「東+八白土星」の精神・健康運

明るい未来が見えるようになり、心に希望がともります。

現状がどういう状態であっても、前を向いて、頑張って生きて行こうという気持ちになる方位です。

「東+八白土星」の金運・財運・不動産運

仕事・学業運でお話ししたように、広く浅く発展の芽を伸ばす事が得意になります。

そこから、財運において、収入の柱となるものが多く手に入るようになります。

労働収入を高めるためのキャリアアップは勿論、副業や投資などによる不労所得を得る事も可能になります。

「東+八白土星」の人間関係

アイディアが湧いてくることにより、周りの人から頼りにされるようになったり、可愛がられたりします。

思考も柔軟になるので、年下の人とも話が弾むようになるでしょう。ご自身の考えを話すのは吉ですが、言い過ぎには気をつけてください。自分の考えを謙虚に伝えてみてください。そうすれば多くの人から頼りにされるようになるでしょう。

「東+八白土星」の注意点

外に目を向けてしまって「あれが欲しい、あれもいいな」と、無規範に欲しいものを列挙してしまうと、中途半端になってしまいます。

まずはしっかりとご自身や会社、家族の現状分析をしてみてください。その後、外部と比較検討すれば、何が足りないかが分かります。

現状分析が終わったら、すぐにできる事から始めてください。一気に沢山を変えてしまいたくなりますが、心機一転して心が動いても、体がまだ回復していなかったり、そもそも鍛えられていなかったら、気持ちばかりが前に出て、足がついてきません。

また、貴方は心機一転できても、周りはそうでないのです。「こうしよう」と言っても聞いてくれなかったり、採用してくれないかもしれません。そんなときに焦燥感に駆られて、暴言を吐いてしまわないようにしてください。

一番いけないのは、吉方位に行ったから大丈夫だと、ひな鳥のように、口を開けていれば誰かが餌を与えてくれると思ってしまい、何もしないでいる事です。

「もっとよこせ、もっとちょうだい」と、ただもらうだけの姿勢になってしまうと、逆の効果が出てしまいます。

タイトルとURLをコピーしました