北+七赤金星は「欠乏の改善」の吉方位!北+七赤金星の効果と注意点

北+七赤金星 「欠乏の改善」 北+九星吉方位解説
北+七赤金星 「欠乏の改善」

「北+七赤金星」は「欠乏の改善」の方位

北そのものは「癒し・水・養う」で、一白水星と同じです。こちらに「悦ぶ・結婚・集まる」などの意味がある七赤金星が加わると、「欠乏」が改善されるでしょう。

欠乏の改善とは、「何かが足りないから不安定になっている」状態の改善です。心に穴が開いたように、いい話を聞いても満足感を得られないならばその穴がふさがり、心が満たされるでしょう。または器が空っぽで情熱や愛情を持つようなエネルギーがなくなっているならば、北の「癒しの水」が注がれて欠乏が解消されます。

北そのものの象意で体調と精神が整い、物事に立ち向かうエネルギーを得られます。このエネルギーを発揮する場所、機会を七赤金星が提供してくれます。

七赤金星は「悦ぶ・結婚・集まる」という象意を持っています。そのため、多くの人が集まるところに行って、知識や仲間を得て、悩んでいる問題を解決する事が出来るようになるでしょう。

また、恋愛・結婚に非常に良い方位です。

以下に個々の運気についてお話していきます。

「北+七赤金星」に行った場合の恋愛・結婚運

北+七赤金星は、恋愛・結婚・家庭運をアップさせる理想的な組み合わせの一つです。北=一白水星はご自身の魅力アップによる恋愛・結婚運アップ。七赤金星は、出会いの場所が増えて、共に盛り上がる事による恋愛・結婚運アップです。出会い(=七赤)の場に魅力アップ(=北)したご自身が行かれることで、良い人と出会うという気の流れが生まれます。

宴会とか講習会とか、社交の場に出る事で皆さんの魅力が広がり、仲が良くなり、交際につながっていくことでしょう。

すでにお付き合いをされている方がいらっしゃる場合は、その方とさらに仲良くなります。仲良くなる方法ですが、七赤金星は悦びとか楽しみという象意がありますので、共通の趣味や、努力する目標を決めて、達成するという形で仲良くなるでしょう。または「こういう事がしたいんだけど」と話が進みます。なんにせよ、一緒にいて楽しくなれる事は間違いありません。

パートナーとゴールインしたいとか、決断をしてほしいという場合は、この方位がお勧めです。

「北+七赤金星」に行った場合の家庭運

恋愛・結婚運では上記のとおりですが、すでにご結婚されている方の場合もほぼ同じです。

独身の時の社交の場は、家庭内ではコミュニケーションの機会を作るという事がお勧めです。毎日忙しいし、共働きで一緒の時間が少ないし、子供は家に帰らないし・・・という状態の方は、まず月に一日でいいから、家族一緒にすごす日をつくるように相談をしてみてください。七赤金星には「口」という象意もあるので、話す事、意見を言ってコミュニケーションをとることが、北+七赤金星の吉方位効果を最大限に生かすコツです。

一緒に話す機会が作れなくても、ラインなどでコミュニケーションをとる事もできます。方法は何でも構いませんので、ご自身の気持ち・意見を聞いてもらう事。そして相手の気持ち・意見も聞いてみてください。それに伴う精神的な負担は、癒しの水の北がカバーしてくれます。

共通の話題がないんです・・・という場合は、何か家族全員で出かけるとか、最近の映画はどうだとか、学校で面白い事はないかとか、共通の話題を創るようにしてみてください。

「北+七赤金星」に行った場合の仕事・学業運

仕事運では、ご自身が取り扱っている商品・サービスの売れ行きが好調になります。七赤金星の象意は「市」ですので、「商品を売る事が出来る機会に恵まれる」という事になります。

しかし、大前提として商品自体に魅力がないと売る事が出来ません。また、宣伝などをして商品を「魅力的」に見せないと、これも販売する事が出来ません。

そこで北の象意が生きてきます。北の象意の「魅力アップ」と七赤金星の「集まる」が合わされば商品にとって足りないところを改善する方法が分かるようになります。商品の質を高める方法を学ぶとか、優秀な技術者を雇うなどをすれば品質向上になります。宣伝方法が適切でなかったならマーケティングなどの能力・技術の向上。人を雇ったりスクールに通うなどの人脈や情報収集の方法が分かるようになるなどの形で仕事運がアップします。とにかく「賑やか」というのがキーワードです。オンラインで構いませんので、多くの情報が行きかう環境に身を置くと運が開けるでしょう。

「すいません。自分は賑やかな所に行ったり、人と話をしたりするのが苦手なんです」という人もいらっしゃると思います。そういう方は無理をして賑やかな場所に行く必要はありません。少しずつ意見を言えるようになって行けばオッケーです。

ご自身の精神状態が安定し、意見を言えるようになり、人付き合いも多くなっていけば、自然と魅力がたかまり、あなたを助けてくれる人が増えるでしょう。七赤金星がサポートしてくれます。商品の販売を助けてくれる人を求めるならば、そういう人と出会いますし、自分自身も勉強ができるようになります。

これは学業も同じで、切磋琢磨できる友人と出会えたり、勉強そのものが楽しくなってくるなどの効果が期待できます。どんどんご自身の意見を言って、それにリアクションが帰ってくると、自然とそれが「情報が行きかう」という事になります。日記でも良いですから、ご自身の考えや意見をどこかに書き出す、または言葉に出すという事を始めると吉です。

「北+七赤金星」に行った場合の精神・健康運

北はとにかく精神安定の方位です。「癒しの水」というように、心が落ち着いてきます。また、癒しの水はひび割れから染み込んでいくと地下水となり、エネルギーとして溜まってくれます。

このエネルギーが外に出る場所を作ってくれる、または機会を作ってくれるのが七赤金星です。ご自身が「楽しい」と思える事と出会う事が出来るでしょう。趣味がないとか、最近楽しい事がないという人は、北+七赤金星に行くと良いでしょう。

健康運では、腎臓・膀胱などの水分に関わる事や、口内疾患などの気が得られます。

「北+七赤金星」に行った場合の金運・財運・不動産運

この3つの内、特にアップするのは金運です。

七赤金星は「市」の象意です。多くの人、物、情報が集まって行き来すると、お金の受け渡しが発生しますので、手元にある商品が売れて、欲しいものが手に入るようになります。その為、すぐお金になる、短期的な金運を得る事になります。

仕事運のところでもお話ししましたが、販売する商品が売れないという悩みをお持ちの場合「何が足りないのか」が分かるようになって、売れるようになります。その結果金運が上がるのです。

なので財運や不動産運についても同様で「この商品を売る or 買う時に、問題となること、リスクとなることは何だろうか」という事が分かり、各運気がアップする事になります。

ただ、七赤金星の財運は、すぐに手に入る代わりにすぐに出ていくという種類の金運なので、しっかり蓄財できるように知恵を巡らせれば更に効果が高まります。

「北+七赤金星」に行った場合の人間関係

あなたを楽しませてくれる人と出会い、仲を深めるようになります。北の癒しと七赤の賑やかが合わさって、とにかく楽しく盛り上がれる人と出会うでしょう。友人・恋人・部下・同僚・上司など、ジャンルは違えども仲が良くなることは間違いありません。

人間関係改善の場として、宴会とかバーとかで、腹を割った話をする機会が出てくると思います。そうすると「ああ、この人はこう考えていたんだ」「あの言葉はそんな意味だったんだ」と、言葉の裏がわかることで、関係が改善されるでしょう。

「北+七赤金星」に行った場合の注意点

「賑やか」がキーワードですが、七赤金星には「画竜点睛を欠く」「ケアレスミス」という象意もあります。スケジュール管理をしっかりしないと、後で疲れることになってしまいますから、ご注意ください。

こちらの記事では北の吉方位について詳しく解説しています。あわせてぜひご覧ください。
北の吉方位の特徴や効果、毒だし象意とは?開運行動もご紹介!

タイトルとURLをコピーしました